クラシックとモダン

建築工事は頡合設計公司が請け負いました。設計理念は「自然との共存」です。シックな色合いのビジュアルを基調に、建物が回りの山々と優しく融合するような自然回帰の考えが中心となっています。そのため正面入口に石の壁を作って冬の風を防いだり、「虚心、謙遜」の象徴である竹を外観の建材に使ったり、さまざまなところで自然と呼応した特徴を見ることができます。このほか台湾の伝統工芸と現代アートの要素を組み合わせ、ほかでは見ることのできない現代台湾の精神を作り出しています。