ギャラリー

むき出しの鉄骨に黄ばんだ壁。白黒写真の風景は、わたしたちにかつての輝きと感動を訴えかけてきます。写真の中の場所は2012年にグロリアマナーとなって生まれ変わりました。そして、今では職人たちが作ったロビーの竹編みオブジェやフロアのデザイン、大尖山をバックにした自然の中の屋外プールに姿を変えています。そこからは「現在の台湾、自然生態、美しい文化」などの要素が説明しなくても伝わってきます。

 

グロリアマナーは時の流れを写真の中に収めています。ここは永遠の光に守られた南国のパラダイスです。